読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raider Island

オークランド・レイダーズのファンブログです。

オークランド・レイダーズ ドラフト予想 2017 Ⅱ

Draft

現時点でのドラフト予想は?

 ドラフトまで残り3週間。モックが更新されたので、再びレイダーズ公式サイトから引用します。前回から予想が変わった箇所は太字としました。出典はコチラ

Oakland Raiders 2017 Mock Draft Tracker: V 7.0
 ExpertNamePos.College
Bleacher Report Brad Gagnon Zach Cunningham LB Vanderbilt
CBS Sports Will Brinson Christian McCaffrey RB Stanford
Dane Brugler Zach Cunningham OLB Vanderbilt
Pete Prisco Marlon Humphrey CB Alabama
Rob Rang Malik McDowell DT Michigan State
ESPN Mel Kiper Jr. Kevin King CB Washington
Todd McShay Jarrad David LB Florida
FOX Sports Dieter Kurtenbach Jabrill Peppers S Michigan
MMQB Emily Kaplan Haason Reddick LB Temple
NFL.com Bucky Brooks Cam Robinson OT Alabama
Charley Casserly Zach Cunningham LB Vanderbilt
Daniel Jeremiah Jarrad Davis LB Florida
Lance Zierlein Marlon Humphrey CB Alabama
Pro Football Focus Steve Palazzolo Leonard Fournette RB LSU
The Ringer Danny Kelly Kevin King CB Washington
SB Nation Dan Kadar Jarrad Davis MLB Florida
Sporting News Eric Galko Malik McDowell DT Michigan State
WalterFootball.com Charlie Campbell Jarrad Davis ILB Florida

 18人の予想が掲載されていますが、そのうち8人が前回から予想を変更しています。今回、複数のアナリストが指名を予想したのは、LBザック・カニンガム、CBマーロン・ハンフリー、DTマリク・マクダウェル、CBケビン・キング、LBジャラード・デービスの5人です。前回は1人しか予想していなかったLBデービスですが、今回は最多4人のアナリストが名前を挙げています。やはりLBですかねぇ。

 それでは、各選手の評価をまとめておきます。

注目選手の評価は?

Zach Cunningham, LB, Vanderbilt

f:id:rspmktce:20170402161728p:plain

Bleacher Report / Brad Gagnon

 オークランド・レイダーズはカリル・マックとブルース・アービンという2人の優れたアウトサイド・ラッシャーを有しているが、残りのフロント7は少し物足りない。また、マルコム・スミスとペリー・ライリーという2人のLBがFAになった。昨シーズン、この2人は合計1,558スナップをプレーした。

 2016年のレイダーズのラン守備は、平均4.5ヤードを許し、1試合100ヤードを5人のRBに達成される、厳しい状態だった。これを改善するためには、手足の長い優秀なタックラーが必要だ。

 カニンガムはヴァンダービルト大学での3年間で36ロスタックルを記録し、オールSECのファーストチームに2度も選出された。タックルの改善に取り組む必要があり、相手を圧倒するほどの力はない。だが、フィールドの端から端まで動ける3ダウンLBで、まだまだ成長の余地がある。また、カバレッジでもチームに貢献でき、レジー・マッケンジーGMが好む多才さも持っている。

 テンプル大学のハーソン・レディックのようなLB、トレダビアス・ホワイトやケビン・キングなどのCBもレイダーズにはフィットするだろうが、カニンガムが最も理にかなった指名だ。

Malik McDowell, DT, Michigan St.

f:id:rspmktce:20170406111531p:plain

CBS Sports / Rob Rang

 レイダーズがプレーオフ進出を果たせたのは、とにかく爆発的なオフェンス力のおかげだ。だが、チームが次のステップに進み、コンテンダーであり続けるためには、NFL 26位、1試合平均375ヤードを許したディフェンスを改善しなければならない。ポストシーズンを終えて、ジャック・デルリオHCはインテリアから相手OLを打ち破る必要性を強調した。まさに195.6 cm、129.3 kgのマクダウェルがふさわしい。

Sporting News / Eric Galko

 カリル・マックが一方のエッジから攻め込むことはできているが、より効果的なパスラッシュを構築するためには、フロントから相手OLを崩壊させる必要がある。マクダウェルは相手を薙ぎ倒しながら相手QBに向かっていける巨体の持ち主だ。

Kevin King, CB, Washington

f:id:rspmktce:20170402162028p:plain

ESPN / Mel Kiper, Jr.

 優れたCBの中でも、キングはサイズが突出している(190.5 cm、90.7 kg)。また、コンバインで40ヤード走4.43秒を記録し、私の中では今ドラフト4番目のCBまで評価を上げた。昨年のドラフト1巡でSカール・ジョセフを指名したが、レイダーズはまだセカンダリーの改善を続けている。CBはドラフトを迎えるにあたって大きな穴だ。

Jarrad Davis, LB, Florida

f:id:rspmktce:20170406111643p:plain

ESPN / Todd McShay

 LBはオークランドの大きな穴のひとつだ。レイダーズは2列目により良いアスリートを必要としている。デービスはラン守備でフィールドの端から端まで動ける、爆発力のあるLBだ。スタミナも十分あり、クォン・アレクサンダーに似ている。

NFL.com / Daniel Jeremiah

 デービスは今ドラフトで最も欠点の少ない選手の一人だ。サイズ、スピード、本能が理想的に混ざり合っている。

WalterFootball.com / Charlie Campbell

 レイダーズは1巡でMLBを指名するだろう。デービスはレジー・マッケンジーGMが好みそうな選手だ。即戦力として期待でき、優れたリーダーシップを持っているため、これまで指名してきたカリル・マックやデレック・カーにフィットするはずだ。

 デービスは2016年、60タックル、2サック、4パスディフェンスを記録した。2015年には何度もクラッチなタックルを決め、インサイドで大きな存在感を見せた。最も守備の良いチームのひとつであるフロリダ大学に在籍したため、それほど目立った存在ではなかったが、シーズン終盤の強豪校との試合、そしてアラバマ大学とのSECチャンピオンシップでは「ビースト」と形容される活躍を見せた。2015年の成績は、98タックル、11ロスタックル、4パスディフェンス、1 INT、3.5サックだった。

 デービスは185.4 cm、108.0 kgながら、素早く、フィジカルで、本能的なプレーをする。フィールドの端から端まで走るスピードがあり、3ダウンでプレーする身体能力も持っている。4-3ディフェンスでは、MLBかWLBとして起用されるだろう。3-4ディフェンスでも、ILBとして機能するはずだ。