読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raider Island

オークランド・レイダーズのファンブログです。

オークランド・レイダーズ ドラフト予想 2017 Ⅰ

Draft

現時点のドラフト予想は?

 4月です。いよいよドラフトの月がやって来ました。昨年同様、レイダーズ公式サイトからモックドラフトのまとめを引用したいと思います。出典はコチラ

Oakland Raiders 2017 Mock Draft Tracker: V 6.0
 ExpertNamePos.College
Bleacher Report Brent Sobleski Dalvin Cook RB Florida State
CBS Sports Will Brinson David Njoku TE Miami
Dane Brugler Zach Cunningham OLB Vanderbilt
Pete Prisco Marlon Humphrey CB Alabama
Rob Rang Malik McDowell DT Michigan State
ESPN Mel Kiper Jr. Tre’Davious White CB LSU
Todd McShay Kevin King CB Washington
FOX Sports Dieter Kurtenbach Jabrill Peppers S Michigan
MMQB Emily Kaplan Haason Reddick LB Temple
NFL.com Bucky Brooks Cam Robinson OT Alabama
Charley Casserly Zach Cunningham LB Vanderbilt
Daniel Jeremiah John Ross WR Washington
Lance Zierlein Marlon Humphrey CB Alabama
Pro Football Focus Steve Palazzolo Zach Cunningham OLB Vanderbilt
The Ringer Danny Kelly Kevin King CB Washington
SB Nation Dan Kadar Jarrad Davis MLB Florida
Sporting News Eric Galko Dalvin Cook RB Florida State
WalterFootball.com Charlie Campbell Haason Reddick LB Temple

 複数のアナリストが指名を予想したのは、RBダルビン・クック、LBザック・カニンガム、CBマーロン・ハンフリー、CBケビン・キング、LBハーソン・レディックの5人です。やはり守備の補強をするという予想が多くなっています。DTの予想が少ないのは、不作だからでしょうか。

 それでは、この5人の選手の評価をまとめておきたいと思います。 

注目選手の評価は?

Dalvin Cook

f:id:rspmktce:20170402161811p:plain

Bleacher Report / Brent Sobleski

 ラタビアス・マレーがミネソタ・バイキングスと契約したため、オークランド・レイダーズには先発RBがいない。マーショーン・リンチが引退を撤回し、レイダーズ入りするとの報道もあるが、シアトル・シーホークスが彼の権利を有しているため、レイダーズが彼を獲得できるとは限らない。クックは彼よりも現実的な選択肢だ。

Sporting News / Eric Galko

 性格や身体能力テスト、過去の故障の懸念があるため、ダルビン・クックは1巡で指名されない可能性がある。だが、レイダーズは主力となるRBを必要としており、クックにも関心がある。彼はオークランドでエゼキエル・エリオットⅡ世となりうる。

Zach Cunningham

f:id:rspmktce:20170402161728p:plain

CBS Sports / Dane Brugler

 レイダーズはタフで手足の長いLBを欲しがっている。ボールへの反応が良く、ブロックをかわすスピードを持ったカニンガムは、その要求を満たすことができる。

NFL.com / Charley Casserly

 カニンガムは本能的でアスレティックなLBで、どのダウンでもプレーできる。

Pro Football Focus / Steve Palazzolo

 オークランドは毎年、守備の核となる選手を指名してきた。カニンガムはミドルゾーンでのプレーメーカーとなりうる存在だ。彼はゾーンカバーやTEのマンカバーを行える身体能力を有しており、ラン守備でも身体を汚すことをいとわない。カニンガムの問題点はタックルだ。タックルミスを減らすことが出来れば、彼は優れたLBのプロスペクトとなるだろう。

Marlon Humphrey

f:id:rspmktce:20170402161934p:plain

CBS Sports / Pete Prisco

 レイダーズのパス守備は改善しなければならない。ハンフリーの獲得には頷ける。

NFL.com / Lance Zierlein

 サイズとスピードのあるCBだが、Sのような積極的なラン守備もできる。

Kevin King

f:id:rspmktce:20170402162028p:plain

ESPN / Todd McShay

 キングはプレー映像も、ワークアウトの成績も良い。190.5 cm、90.7 kgの体格で、40ヤード走4.43秒、垂直跳び100.3 cmを記録した。

The Ringer / Danny Kelly

 前オーナーのアル・デービスからすれば、キングは夢のような選手だ。190.5 cm、90.7 kgの恵まれた体格で、スピードを合わせ持った、フィジカルが印象的なCBだ。レイダーズの現GMであるレジー・マッケンジーも、彼を高く評価しているはずだ。彼はコンバインを経て大きく株を上げ、1巡指名が囁かれ始めた。40ヤード走4.43秒、垂直跳び100.3 cm、3コーン6.56秒、ショートシャトル3.89秒の好成績を残した。指名されれば、その日からデビッド・アマーソンと先発の座を争うだろう。長期的には、ショーン・スミスの役割を引き継ぐことが目標となる。

Haason Reddick

f:id:rspmktce:20170402162125p:plain

MMQB / Emily Kaplan

 レディックはシニアボウルで話題になり、コンバインでも素晴らしい結果を残した。

WalterFootball.com / Charlie Campbell

 レイダーズは1巡でフロント7を指名すると予想される。しばらくの間、カレブ・ブラントリーを候補としていたが、ハーソン・レディックの方が優れていそうだ。レイダーズのLB陣は貧相なため、彼のような才能ある選手の加入が望ましい。ジェラニジェンキンスと契約を結んだが、これはあくまでも短期契約だ。レディックこそが長期的な解決策となるだろう。