読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raider Island

オークランド・レイダーズのファンブログです。

2016 Wild Card Raiders 14 - 27 Texans

f:id:rspmktce:20170108102517p:plain

 

 今シーズンのスーパーボウルが行われる、テキサス州ヒューストンのNRGスタジアム。奇しくも、今シーズンのプレーオフも、このNRGスタジアムから始まりました。

 試合は大方の予想通り、3番手QBクックが先発したレイダーズのオフェンスが、リーグ最高のディフェンスを誇るテキサンズに抑え込まれ、終始テキサンズがリードする展開。序盤から自陣でインターセプトを奪われたレイダーズはズルズルと引き離されていきました。終盤には逆転の可能性を感じさせるドライブもありましたが、再びインターセプトを許して、その淡い期待も潰えました。

 

 1Q2Q3Q4QTotal
レイダーズ 7 0 0 7 14
テキサンズ 10 10 0 7 27

 

 オフェンスはQBカー、LTペンの欠場が大きく響きました。キャリア初先発のクックにとって、テキサンズのディフェンスを相手にするのは荷が重過ぎました。ランもほとんど出ず、クックを楽にしてあげられないまま、第2Qから第3Qにかけては8ドライブ連続でパントに終わるなど、散々な試合でした。

 ディフェンスは27失点したものの、オフェンスが機能せず、守備機会が多かったにしては頑張った方でしょう。後半はランを増やしてきましたが、しっかり守り切って何とか踏ん張りました。ただ、パスラッシュがかからず、ターンオーバーを奪えなかったので、守備から流れを引き寄せることはできませんでした。

 スペシャルチームはパントシチュエーションが多いなか、最低限の役割は果たせたと思います。Pキングは10回もパントを蹴って、ミスパントもありましたが、健闘は称えたいです。リターンカバレッジは非常に良かったものの、RBジョーンズがエンドゾーンから弾き出したボールをカバーしきれず、タッチバックにしてしまったのはマズかったと言えるでしょう。

 反則は8回63yds。今シーズンはずっと反則が多かったので、これでも少なく感じます。審判が若干厳しかった気もしますが、肝心なところでインターフェアをとられてしまって、なかなか自分たちのリズムを掴めませんでした。

 

レイダーズ14 - 27テキサンズ
16 1stダウン 19
64y ラン 123y
139y パス 168y
203y トータル 291y
3 ターンオーバー 0
13% (2/16) 3rdダウン成功率 27% (4/15)
8 反則回数 7
26分31秒 攻撃時間 33分29秒

 

 チームスタッツを見て最も気になるのは、やはり3rdダウン成功率でしょう。テキサンズの27%も褒められたものではありませんが、レイダーズの13%はあまりにも酷い数字です。ランを止められ、3rdダウンロングのシチュエーションを何度も作られたのが要因です。

 

Turnovers

  • オフェンスの犯したターンオーバーは3回。
  • 第2シリーズ、RBマレーへのスクリーンパスをDEクラウニーがインターセプト。クラウニーは第1シリーズでもWRロバーツへのスクリーンパスをカットしていたし、その次のプレーもWRクーパーへのスクリーンパスを投げていた。これだけ同じようなプレーを多用すれば防がれて当然。
  • 第4Q終盤、ハーフウェーまで攻め込んだところでインターセプト。高く浮いたパスをクーパーが弾いて、それをSムーアがキャッチ。
  • 次のドライブでも、WRホームズへのパスをCBボウイェがインターセプト。残り時間もほとんどない場面で、4thダウンから無茶投げしたパス。
  • ディフェンスはターンオーバーを奪えなかった。

Quarterbacks

  • 先発QBクックは18/45、161yds、1TD、3INTでレーティング30.0。
  • キャリア初先発をプレーオフで迎えるのは、スーパーボウルが始まって以降のNFLでは史上初のこと。その責任はあまりにも重かった。
  • これまで3番手のQBとして過ごしたきたため、レシーバーとの呼吸がほとんど合っていなかった。クック自身のコントロールも悪く、レシーバー陣のドロップもあって、たった40%しかパスが通らなかった。
  • 第4QにはWRホームズとTEリベラを上手く使ってドライブ。ホームズへのTDパスも通して、ポテンシャルの高さを見せた。もう少し早く、このようなドライブができていれば、と悔やまれる。
  • スタッツ的には酷い有り様だったが、コーチ陣は「QBマグロインとの交代」という選択をしなかった。これは彼の将来を期待して経験を積ませたかったこともあるが、マグロインとの別れを示唆しているのでは。

Running Backs

  • チームラッシングは21回64yds、1TD。W11のHOU戦では、今シーズン最低の30ydsしか走れなかったが、今回も改善は見られず。
  • 先発RBマレーは12回39yds、1TD。第1QのTDドライブでは、18yds、6yds、5ydsのランのあと、2ydsのTDランを決める活躍。このドライブだけで31ydsを走ったが、それ以外では8ydsしか走れず。
  • RBワシントンは4回16yds。
  • RBリチャードは3回3yds。
  • FBオラワレは1回6yds。
  • 上記の通り、マレー以外のRB陣はほとんど走れず。39ydsしか走っていないマレーが、チームラッシングの大半を占めた。ランでリズムを作れず、QBクックの負担を全く軽減できなかった。

Wide Receivers / Tight Ends

  • WRクーパーはターゲット10回、キャッチ2回、10yds。
  • WRクラブツリーはターゲット7回、キャッチ2回、33yds。
  • エースの2人がここまでキャッチ率が悪いとどうしようもない。QBクックのコントロールミスもあったが、明らかなドロップも見られた。
  • WRロバーツはターゲット7回、キャッチ1回、1yds。
  • WRホームズはターゲット5回、キャッチ4回、50yds、1TD。今回もクラブツリーに代わってプレー。クックとの息が合っていて、もっと使うべきだった。
  • WRホルトンはターゲット2回、キャッチゼロ。
  • 先発TEウォルフォードはターゲット2回、キャッチ2回、16yds。
  • TEリベラはターゲット5回、キャッチ4回、31yds。ホームズと同じく、クックとのコミュニケーションは良かった。不可解なインターフェアをとられたのが残念なところ。

Offensive Linemen

  • 先発OL陣はLTワトソン、LGオセメレ、Cハドソン、RGジャクソン、RTハワード。
  • 不動のLTペンがひざを痛めて欠場。彼のキャリアでは初めての欠場となった。
  • パスプロテクションは両タックルから崩れた。LTワトソンはDEクラウニーを全く止められず、DEリーダーにはサックを献上。RTハワードはOLBマーシラスの突破を許して2回のサックを献上。今シーズン18サックしか許していないレイダーズだが、この試合だけで3サックを許した。
  • 今回もランブロッキングは良くなかった。やはりOLは「ユニット」として機能するので、ペンが抜けるとOL全体の質が低下する。OLありきのランオフェンスを展開してきたレイダーズとしては、OLのブロックが悪いと走れない。

Defense

  • 先発DL陣はDEエドワーズ、NTウィリアムス、DEマック。
  • 先発LB陣はSLBアービン、MLBライリー、WLBスミス。
  • 先発DB陣はLCBアマーソン、RCBスミス、CBキャリー、FSネルソン、SSジョセフ。
  • この試合ではCBキャリーがブリッツを仕掛けることが多かった。ただし、肝心のパスラッシュとしての効果はあまりなかった。

Pass Defense

  • QBオスワイラーを相手に14/25、168yds、1TD、0INTでレーティング90.1。
  • 前半だけで146ydsを失った。後半はランで時間を使ってきたこともあって、22ydsに抑えた。
  • パスラッシュは全くと言っていいほど機能しなかった。サックどころか、QBヒットすら1回も記録されていない。DEエドワーズ、DTマギーがいても、インサイドからのプレッシャーはかからなかった。
  • パスカバレッジも良くなかった。前回と同様、TEのカバーが疎かだった。LBスミスやSジョセフがマッチアップしても、振り切られることが多かった。
  • 酷かったのはCBアマーソン。キャッチ4回、89ydsを許し、ホールディングとインターフェアを1回ずつ犯した。特にエンドゾーンでインターフェアを犯して、ダメ押しのTDを止められるキッカケを作ってしまったのは、あまりにも痛かった。
  • CBスミスは比較的安定していたが、第2Q終盤にWRホプキンスにTDレシーブを許してしまった。

Run Defense

  • チームラッシングは44回123yds、2TD。
  • テキサンズがリードしてランを多用してきたため、喪失ヤードは100ydsを超えたが、平均では2.8ydsに抑えていて、決して悪くなかった。
  • ランディフェンスがそれなりに上手くいったのは、何と言ってもDEマックのおかげ。パスラッシュでは貢献できなかったが、11タックル、2ロスタックル、8ストップを記録。
  • パスラッシュでは、という点では、DEエドワーズとDTマギーもランストップでは良い働き。エドワーズは病気、マギーは鼠蹊部の怪我を抱えながらも、それぞれ40スナップ、21スナップをプレーした。

Special Teams

  • キックオフリターンはRBリチャードが2回平均19.0yds、RBジョーンズが1回23yds、タッチバック3回。
  • パントリターンはRBリチャードが5回平均13.6yds、CBキャリーが1回2yds、タッチバック1回。リチャードには37ydsの好リターンがあって、レイダーズの最初のTDドライブをアシスト。
  • Pキングのパントは10回平均45.7yds、ネット平均41.4。31yds、38ydsのミスパントがあって、それぞれフィールドゴールタッチダウンにつながった。
  • Kジャニコウスキーはフィールドゴール機会なし。エキストラポイントは2回蹴って両方成功。キックオフは3回蹴ってタッチバックなし。
  • カバレッジチームは、パントカバレッジが4回平均5.8yds、キックオフカバレッジが3回平均15.3yds。かなり良かった。

Penelties

  • 反則は8回63yds。テキサンズの反則は7回65yds。前半はレイダーズが2回10yds、テキサンズが1回10ydsで、後半の反則が多かった。
  • 第1Q:LTワトソンのアンネセサリーラフネス。
  • 第2Q:CBアマーソンのホールディング。
  • 第3Q:TEウォルフォードのフォルススタート。Sジョセフのホールディング。WRクラブツリーのパスインターフェア。WRクラブツリーのフォルススタート。
  • 第4Q:CBアマーソンのパスインターフェア。TEリベラのパスインターフェア。

Injuries

  • アクティブ登録から外れた選手は以下の通り。QBカー(足首)、Sアレン(脳震盪)、CBハミルトン、Tペン(ひざ)、Gアレキサンダー、DLウォード、DEジャクソン。
  • Tペン(ひざ)は手術の必要がない程度の骨折。
  • WRクラブツリー(脳震盪)、LBスミス(ハムストリング)が途中退場。
  • Cハドソンは前半最後のドライブで足首を痛めたが、後半最初のドライブを休んだだけで戻ってきた。
  • OLBアービンはハムストリング?を痙攣させてロッカールームに退いたが、数プレー後には戻ってきて、試合終了までプレーした。
  • QBカー(足首/腓骨骨折)、TEスミス(足首)、LBヒーニー(足首/三角靭帯断裂)は復帰に向けて動き始めている。3人ともOTAには間に合いそう、とのこと。

 

 14年振りにプレーオフに進出したレイダーズですが、絶対的なリーダーであるQBカーを失ったダメージは大きく、あっけなく初戦敗退に終わってしまいました。考えてはいけないことは分かっていますが、どうしても「カーがいれば」と思ってしまいます。

 それでも、今シーズンはリーグ3位タイの12勝もして、間違いなく大躍進のシーズンになりました。シーズンが終わってしまったのは残念ですが、スーパーボウル制覇への道はまだまだ続きますし、今後に期待が持てるシーズンでもありました。

 改善点は色々とありますが、チームが良い方向に向かっていることに疑いの余地はありません。来シーズンにカーが戻ってきたときに、今よりずっと良いチームになっていることを期待して、オフの動向も追っていきたいと思います。

 

 レイダーズの選手、コーチ、スタッフ、関係者の皆様。素晴らしいシーズンをどうもありがとうございました。来シーズンの更なる飛躍を楽しみにしています。