読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raider Island

オークランド・レイダーズのファンブログです。

2016 PRESEASON WEEK 3 Titans 27 - 14 Raiders

f:id:rspmktce:20160828180828p:plain

 

 

 お久し振りです。プレ第1週と第2週は色々と忙しかったので、ツイッター上のレビューしか出来ませんでしたが、今回からはブログもアップしていこうと思います。試合のレビューは書いたことがないので、全く形式が定まっていませんが、拙いながらもよろしくお願いいたします。

 

 

 さて、プレシーズンも第3週と佳境を迎えました。今回の対戦相手は、なんとレギュラーシーズンの第3週、敵地で対戦することになる、テネシー・タイタンズ(TEN)です。お互い、どこまで手の内を見せるか?が難しい一戦でしたが、一番上にある通り、14対27と大差で敗戦してしまいました。

 とは言え、これはあくまでプレシーズン。悪い点を改善し、本番のレギュラーシーズンで勝利を掴めばいいのです。今日は良い点、悪い点ともに多く見られました。我々ファン一同も、今日の試合を振り返り、次戦に向けて心の準備をしましょう。

 

 

NFL or プレシーズン デビューを果たした選手

  • RBジャレン・リチャード:満を持してのデビュー戦です。キャンプ前半はチームNo.1と言っても過言ではないほどの評価を受けていましたが、膝を痛め、プレシーズン2試合を欠場していました。待望のデビュー戦では、7回走って35ヤードを獲得した他、2回のパスキャッチで7ヤード、2回のキックオフリターンでは、合計57ヤードをリターンしました。1回目のリターンが彼の最初のプレーとなりましたが、いきなり38ヤードをリターンし、鮮烈な印象を残しました。

 

  • TEジェイク・マギー:第4Q終盤、初出場を果たしました。ただ、一度もパスキャッチはしないまま、試合終了。アピール不足感は否めません。

 

 

オフェンス

 1stチームで戦った前半は、ここまでのプレシーズンで最も良いオフェンスが出来ました。最初のドライブでTDを挙げ、第2QにもQBカーとWRクーパーのホットラインでTDを決めるなど、「これこれ!」と言いたくなるような攻めでした。

 一方、2人のルーキーRBの活躍のおかげで、RBのロスター争いが混迷を極めています。RBマレーも第一RBの座が危うくなっていますし、RBジョーンズにいたってはロスター残留にも疑問符がつく状況です。FBリースが開幕から3試合は出場停止のため、RB/FBのロスター争いは、彼の復帰後まで決着を持ち越すかもしれません。

 

  • QBデレック・カー:過去2戦の出来が悪く、先発交代劇もあるか?と不安視する声もありましたが、それを払拭する見事な活躍を披露しました。今日は18回中12回のパスを成功させ、169ヤードを獲得し、2つのTDを決めてみせました。レイティングは133.9と極めて高い数値を記録し、まさにファンが待ち望んだ出来と言えるでしょう。何故か後半にも登場し、最初のドライブでパスを2回通し、23ヤードを獲得したあと、ドライブの途中ながら交代しました。初のTDパスはRBワシントンへの6ヤードのパス、続くは相棒WRクーパーへの29ヤードのパスでした。このWRクーパーへのパスと、WRクラブツリーへの41ヤードのロングパスは、カバーされている中での絶妙なパスで、信頼を回復するプレーになりました。

 

  • QBマット・マグロイン:パスは14回中9回成功、94ヤードでした。パスプロが崩れたり、反則が連続したりして、危ないパスを投げたりINTを献上したりと、苦い試合となってしまいました。

 

  • QBコナー・クック:パスは6回中3回成功、51ヤードでした。WRブレントがパスを上に弾いてしまい、INTを許す場面も。今日の出番は短時間でした。

 

  • WRアマリ・クーパー:第2Qの最初のドライブ、その6プレー目でした。前半残り10分21秒の場面、QBカーから29ヤードのTDパスをスーパーキャッチ。その才能を存分に感じさせるプレーでした。今日は3回のレシーブで52ヤードを獲得し、平均17.3ヤードの大活躍となりました。

 

  • WRマイケル・クラブツリー:この日最初のドライブの3rd & 3の場面、QBカーからのロングパスをキャッチし、41ヤードのゲイン。これまでもロングパスを投げ続けてきましたが、ついに綺麗なパスが決まりました。これはプレシーズン最長のパスとなり、今後を期待させるプレーともなりました。

 

  • RBデアンドレ・ワシントン:QBカーから6ヤードのTDパスを受け、キャリア初のTDを記録しました。第2Q終盤には、自身最長となる31ヤードのランも見せ、8回のキャリーで55ヤードを獲得し、平均6.9ヤードと再び結果を残しました。ただ、QBマグロインからのパスをキャッチした直後、ハードヒットを受けてファンブル。このボールを拾われ、そのままTDされてしまったので、痛いミスとなりました。

 

  • WR K.J.・ブレント:QBマグロインから、1stダウンを更新する11ヤードのパスを受け、キャリア初レシーブを記録しました。その5プレー後、敵陣へ切り込む20ヤードのパスをキャッチし、2つ目のレシーブ。結局、3回のレシーブで54ヤードと、数字的にはWRクーパーに見劣りしない試合となりました。

 

  • WRジョニー・ホルトン:今日も3回のレシーブで54ヤードと活躍。WRブレントとともに、チームトップのレシービング・ヤードを残しています。しかし、第4Q終盤、サイドライン際で22ヤードのパスをキャッチした際、ヒットを受けて右足を負傷。痛めた足を引きずりながら、フィールドを後にしました。

 

  • TEクライブ・ウォルフォード:前半終了間際、敵陣8ヤードまで攻め込み、3rd & 2となった場面。エンドゾーン中央でフリーとなり、QBカーのパスを待ちますが、わずかに高くなったパスを獲れず、TDならず。この後、プレシーズンということでギャンブルに出ますが、あえなく失敗しました。

 

 

ディフェンス

 TENの1stチーム・オフェンスが強力なのかもしれませんが、OAKの1stチーム・ディフェンスはあっさりとゲインを許していました。DLがラン・パスともに押し込まれ、LBはほとんど存在感がない有様。その分、DBがラン守備に回るハメになり、守備全体が崩壊してしまった感があります。

 

  • CBデビッド・アマーソン:ソロ4回を含む6タックル、1回のPDを記録しました。良いロスタックルやパスカットもありましたが、タックルミスでゲインを許すことも何度かあり、良くも悪くも守備では一番目立っていたかもしれません。それだけボールに絡んでいたということですが、これはLBの存在感がなく、ランストップを強いられたからか、相手QBマリオタに狙われていたからかもしれません。

 

  • DLブランデン・ジャクソン:試合終了まで残り6分30秒の場面、相手QBタニーをサックし、1ヤードをロスさせました。これは彼のプレシーズン初サックで、今日の試合ではチーム唯一のサックとなりました。

 

  • FSネイト・アレン:欠場したFSネルソンに代わって出場。6タックルを記録したものの、ゴール前のラン守備では、外からのTDランを簡単に許してしまい、失点に絡んでしまいました。SSジョセフも含め、Sは故障が不安なポジションだけに、デプスが充実していてほしいところ。その意味では、更なる活躍が求められます。

 

  • CBショーン・スミス:ロス1回を含む3回のソロタックルを決めるも、パスカバーでは悪い意味で目立ちました。最初のドライブでは、INTを狙うもキャッチできずにロングゲインを許し、その後もフェイクに引っかかってしまうなど、失点のきっかけを作ってしまいました。ここまでの2試合は良い動きをしていただけに残念でしたが、割り切って次戦に臨んでほしいですね。

 

  • LBブルース・アービン2回のソロ、1回のロスを含む、6タックルの他、1回のQBヒットもマーク。しかし、第3Q途中、左手を負傷したようです。

 

 

スペシャル・チーム

  • Pマーケット・キング:2回のパントは、合計135ヤード、平均67.5ヤードと飛距離が出ました。1回目の69ヤードのパントは、プレシーズン最長で、これまでで4本目の60ヤード超えのパントとなりました。

 

 

故障者

 TEホームズ(足首)とDEエドワーズJr.(腰)の欠場は予想通りとして、直前の練習を欠席していたFSネルソンも残念ながら欠場。少し驚きなのは、LBボールが欠場したことでしょうか。上にも書いた通り、LBアービンとWRホルトンが新たに負傷したようですが、その程度は不明。軽傷であることを祈ります。

 

 

 今日はオフェンスとディフェンスで明暗が大きく分かれました。ディフェンスは1stチームにもかかわらず、相手QBマリオタに思い通りのプレーを許してしまいました。前半の4シリーズは、TD⇒FG⇒FG⇒TDと、いずれも失点。プレシーズンを通して、容易くロングゲインを許す場面が幾度も見られ、少し心配になってきました。

 ただ、前半のオフェンスは快調でしたし、目立った故障者も出なかったので、負けはしましたが、それほど後味は悪くありませんでした。次のSEA戦では、故障者を出さずに、攻守両面が良い出来であってほしいものです。

 

 

 プレシーズン最終戦となる、次回SEA戦は、またもホーム開催。日本時間では、9月2日(金)午前11時から試合開始です。主力の出場時間は分かりませんが、最後の実戦なので、しっかりと調整やアピールを行ってもらいたいと思います。